ヤングジャンプに連載中のテラフォーマーズのネタバレ!

集英社の週刊ヤングジャンプに連載中のテラフォーマーズを毎週楽しみに読んでいて、単行本も必ず購入しています。
初めてその作品の存在を知ったのは、ヤングジャンプでの一話完結編を読んだ時です。その際の宣伝文句にミラクルジャンプで連載しているとあったので、試しに読んでみたら、そのスリリングで衝撃的なストーリー展開に新鮮な驚きと好奇心を駆り立てられ、一瞬でその作品のファンになってしまいました。
ミラクルジャンプでの連載がたった数話で完結し、まぁ、物語の性質上ネタ的に余り長くは続けられないだろうと多少諦めていました。しかし、程なくして今度は週刊ヤングジャンプで連載するという告知があったので、小躍りで喜んだものです。
作品の設定は20年ごとの時代設定で区切られ、全てがストーリーの中の伏線として有機的に連動しています。そしてこの作品の真の凄い所は、人間対ゴキブリの戦争を描く際の衝撃的な描写ではないと思います。物語の性質上、様々な動植物が題材として取り上げられるのですが、それらの題材に関して科学的根拠を用いて徹底的に調べ上げ、読者に余す所なく解説している点にその作品に対する作者の情熱が感じられます。
現在は脚本担当の先生の諸事情により休載中ですが、また秋頃から連載を再開するらしいので、またダイナミックなストーリーを期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA