洗顔フォームなどでしっかりと泡立てる

皮膚科の近くの薬局に勤めていると様々な皮膚疾患で来られる方が多いのですが、やはり洗顔洗髪をきちんとされていない方のトラブルが最近目立ちますね。
脂漏性湿疹や毛嚢炎などは洗浄が足りない場合に引き起こされることもあります。
結構洗ったつもりになっていて実は洗えていないということがあります。洗顔フォームなどでしっかりと泡立てるのでさすがすすぎがしっかりできていない。
すすぎができないで泡がそのままになっていると、泡自体が皮膚へ刺激になってしまいますし、泡に乗って移動している雑菌などがそこに止まってしまうので、それが原因で湿疹になってしまっている方は結構います。
顔もそうですが特に耳の後ろなんかはシャンプーの洗い残しがたまりやすいところになります、耳の構造上たまりやすいのですすぎはしっかりと行ってください。
そして、最近多いのが背中ニキビですね。これも結局は洗髪後にシャンプーが洗いきれていない髪の毛が背中につくことで引き起こされることも多いのでら洗髪もしっかりと行いましょう。
洗顔についてですが、やはりお湯で行うよりも水で洗う方が良いですね。必要以上に脂が取れませんので、ある程度は残りますので乾燥が防げます。
そして洗顔回数はできればこまめに行うのがいいです。
ある一定以上は余分な皮脂を溜めないで洗い流していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA